フラッシュヘルプ 〜Flashとは?〜


FlashとはMacroMedia社が開発した音声や画像を組み合わせてWEB用のコンテンツを作成するソフトのことです。
JAVAやActiveXと同様にスクリプト言語*の要素も持ち合わせています。
*スクリプト言語=命令文を記述してアプリケーションをより機能的に動作させる事の出来る簡易言語)

Flashで作成されたSWF拡張子ファイルを、FlashムービーファイルまたはショックウェーブFlashと言います。
このSWFファイルをHTMLに組み込むことによりFlashムービーが表示されます。(SWFファイル単独でもブラウザーに表示されますがブラウザーの表示サイズによっては余白部分が表示されてしまいます。)
HTMLへの記述方法は最終章にて解説しています。

Flashではいろんな部品(画像・テキスト・音声等)を同時にいくつも動かすことが出来ますので、バリエーションは無限大に広がります。時間をかければTVアニメの様なFlashムービーも可能です。
Flashにて動かすことの出来る部品は外部から読み込む事も出来ます。
動画(movファイル)サウンド(mp3・wavファイル)静止画(bmp・jpg・gif・pngファイル等)をFlashムービーのライブラリ(パーツリスト)として読み込む訳です。

Flashの基本的な動作は、移動・回転・拡大縮小・色の変化・透明度の変化・音声再生ですが、それにアクションスクリプトや関数を組み合わせれば、より高度なFlashムービーの作成が可能になる訳です。
ムービーだけではなく、ゲームやデータ収集・管理、ショッピングカート、BBS、アクセスカウンター等、様々なWEBコンテンツの作成が可能となっております。